一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.06.17 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

とっても天気の良い朝を、むかえたセドナで
すごく楽しみにしていた、ヴォルテックスツアーに出かけた


ヴォルテックスとは、地球のエネルギーが渦のように
突出して現れている場所で、
セドナには、20数箇所あると言われていて
その中でも、特にエネルギーが強いとされる4箇所
の山がある。

そこで人は癒され、スピリチュアルな体験をする人も多いらしい




ツアーのみんなで、まずは『エアーポート・メサ』と言う山へ・・・

ヴォルテックスからは放たれているという地球のエネルギーは
女性的な磁気エネルギーと、男性的な電気エネルギーの
陰陽の2つからなるという。

そのバランスが場所によって微妙に異なることから
影響力についても様々あるらしい


海抜1401メートルに位置するこの山は、陽の男性的エネルギーが
強いらしく、大地から天へと繋がるもので
心や体を活気づけるという。





わずか10分で登れちゃう山で、そこからセドナの町が見渡せる

ほんと不思議だったのが、大阪の自宅を出発する
直前に膝の関節が痛くなり、関空の薬局で湿布を買うぐらい
歩くときにガクガクだったのが、
山を歩く時は、まったく痛くなく体が軽くて
ほとんど疲れることもなかった



この赤い岩の下には、クリスタルがたくさん混じっているので
そのエネルギーも作用してるんだろうな・・・

ホテルから歩いて行ける距離だったので、毎朝
お気に入りのクリスタルを持って、日の出を見に行っていた


次に向かったのが、『ボイントン・キャニオン』



ここは、陰陽2つが混ざり合ったヴォルテックスとされている。





谷の入り口にある、カチーナ・ウーマンと呼ばれる岩
カチーナとは、ネイテイブ・アメリカンのあいだで精霊と言われる存在
とっても暖かいエネルギーを感じて、ずっと見上げてた



カチーナ・ウーマンと向かいあって立つ、男性性のレッドロック



なんか、ちょっとモデル気取り
今、見るとちょっと恥ずかしいけど・・・


この後、クリスタルショップめぐりで不思議な繋がりを
感じることが・・・

聖地と呼ばれるこの場所に、何時間もかけて辿りついたとき
すでに夜の8時を廻っていて、町の明かりもほとんど無く
景色も町の様子も、な〜んにもわからず

でも、セドナの夜空はプラネタリウムみたいに
星がキラキラしてて最高に綺麗




ホテルまで送ってくれた現地の日本人ガイドの方が
「朝、起きたらすぐバルコニーに出てみて下さい、
感動しますよ〜」と言われ
次の日をワクワク思いながら、待ちどうしい朝を迎えた




少しずつ連なる山々が見えはじめ・・・





可愛いピンクの雲と共に迎えられた朝・・・






そこに広がる赤い大地のエネルギー
その岩の断層には、大地のすべての記憶が刻印されている・・・

今から時を遡る事、3億3千年前に
約1億年の歳月をかけて、現在のセドナの大地は
7回も海底か海に侵食される環境や洪水を経験してきたという。


とても静かな朝、この赤い山の鼓動が聞こえそうな・・・
そんな気さえしてしまうほど・・・



下の階のブルーの服を着た
可愛いアメリカ人のおばあちゃんに
『おはよう!』と声をかけると

『最高にゴージャスな景色ね!』
と感動しきりのおばあちゃん

enonも、なぜだかわかないが
『パーフェクト!!』と
おばあちゃんに親指を立てていた


次回は、「山に登るの巻き」

ほんとは、一日早く帰るはずがフェニックスで
飛行機のエンジントラブルがあり、サンフランシスコから
関空行きの乗り継ぎに乗れなくなって、
サンフランシスコで一泊して帰ってきました

今日、音叉ヒーリングのセッションのご予約頂いていた
2名のお客様にも大変申し訳なく思っております・・・
また、お逢いできるのを楽しみにしております


セドナでは、自然やクリスタル、暖かい人々との
繋がりをたくさん感じるものでした。

また、少しづつ旅のことを書いて行きたいと
思ってるんですが・・・


帰国する日・・・


ホテルを朝4時に出発のその15分前・・・

コーヒーを飲みながら、セドナでの色々な体験を

しんみり思ってたわけです・・・

セドナで、体調を崩すこともなくケガもなく

予定してなかった、過去世リーデイングも受けることができ

ほんとうに全て順調で良かったな・・・って



最後にベランダから見える、山にお礼を言って

セドナを後にしよと・・・『ありがとう、また来るからね』と
 
素敵な別れをしようと・・・


バスルームにいる夫に、『もう出発5分前だよ』と

声をかけ 『わかったよ〜』・・・の返事の



その直後・・・



ン?バスルームにいる夫の声がパニクッてる様子



ドアを開けようとしたら、手で押さえて中を見せようとしない・・・

もう、出発なのに何してるのと!

無理やり開けてみると・・・



もうね・・・



大洪水  足首ぐらい浸かっちゃってる    



トイレが詰まって滝のように


溢れ出してくるのを、何とか止めようとしてる夫・・・


もう、部屋のじゅうたんにまで、どんどん水が流れ

床上浸水状態に、なすすべもなく・・・

しばし呆然とそれを眺める二人・・・ 



素敵な別れを告げるはずが・・・





ここから、怒涛の珍道中が始まります










セドナという場所を、初めて知ったのは約一年ぐらい前に
クリスタルを集め始めたときだった
ちょうど去年の今頃は、セドナに行った人のブログを見て
いつか自分も行ってみたいと思ってた場所・・・


かかさず、新月の願い事に行くべきときに、ベストなタイミングで
行く、と書いてから一年、その願いが実現した


その、『行くべきときが来ましたよ〜』というサインも
enonのガイドがわかりやすく送ってくれた。


急だったので、準備は慌ただしかったけど
全て順調に整った


歌手でもあり、オーラソーマのスクールもされている
相川 七瀬さんは、何度もセドナを訪れ
その場所に魅せられ、一度はセドナに住む
計画を立てたほどらしい・・・

『セドナをみんなに発信していきたい』となり
とてもわかりやすい、ガイドブックを
出してて、ほんと細かく丁寧に書かれてて
素敵な自然の写真もたくさん載ってる


どんな旅になるかな・・・
大好きなクリスタルのお店もたくさんあるらしいので
帰りのスーツケースは石だらけだと
思います




一週間、ブログもお休みしますが
帰ってきたら、また旅の色んなお話しを書きますので
覗きにきて下さいね




 

 今日は、久しぶりに箕面に行きたくなり、夫は仕事なので
一人でおにぎりを持って散策してきました 

高校も、箕面だったのでよくサボッテ箕面の山で、遊んだな〜

テクテク登りはじめると、鳥のさえずりや、虫の鳴き声、水の流れる音
そして木々のエネルギーを感じて、だんだんと歩くスピードも
自然のリズムに同調してスローになってく・・・

滝まで2キロの距離を、歩いてる間に身体が少しずつ
軽くなって行く、そしてすごーく深呼吸をしたくなり
何度も何度も、スーハースーハーやってた

そういえば、クリスタルヒーリングをマーガレット・ロジャースに習った時
おもしろい話しをしてた。
彼女はサイキックなので、オーラが見えるんだけど、海や山に行った時に
安らぎを感じたり、思考がクリアになるのは、電磁波やネガテイブな影響で
プラスイオンだらけのオーラが自然の中で過ごすあいだに、ゆっくりと
マイナスイオンに入れ替わっていく様子が見えるらしい・・・

やっぱり自然で過ごす時間は、大事だなと思う

滝は人がたくさんいて落ち着かないので、どっか静かな場所ないかなーと
またテクテク歩いてると、登山用の細い道があって、そちらに・・・と導く内なる声がする・・・
うーん・・・一人でこんなとこ入って、大丈夫かなと思ったけど
好奇心がムクムク沸いてきて、入っていくと・・・・
すごいヒーリングスポットを発見した
かなり登って、さらに脇道をあがったところにあった!だーれもいない!
200809201528000.jpg


ほんっと、心から導いてくれてありがとうと思いながら優しい光のエネルギーを
感じてた
200809201535001.jpg
お気に入りのカテドラルクオーツ


PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM