一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.06.17 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

明日は、桃の節句ですね〜。

今年も、義理母が不自由な手でありながらも書いて送ってくれたお雛様カードですが
見ていると、何だかお釈迦様のようなお顔にも見えてきます。



そして、もうひとつのカードは友達がプレゼントしてくれたものなんですが、
なんと3Dのように浮かぶようなカードなんですよ〜。


お花模様も繊細でとても可愛い!!(ありがとうね


こちらに引っ越してきて、
今まで行っていた南船場の美容院に行くのが遠くなったので、

近辺でいい感じのサロンを探して、昨日行ってきました。


ほとんど場所で選んだ感じもあるのだけど。。


その場所は、神戸の旧居留地というところ。



すごーく昔に遊びに来た以来なので、
観光客なみにあちこち、散策してしまいました。



初めての美容院は、何かとドキドキモードになってしまう私ですが

見たこともない施術メニューがたくさんあってテンパリまくる・・・


新規だとオプションメニューがとてもお得になるとかで、
炭酸泉だとか、モロッコのアルガンオイルでヘッドスパとか初体験しました。


カラーの待ち時間に、
チーズケーキに紅茶まで出してくれるサービスにちょっぴり驚く。。。


そして担当して頂いた、スタイリストさんと話してると

「明日だったら、大ちゃんに会えたのにね〜!今予約の電話があったんだよ。」と・・・


ん?ん?

よくよく話しを聞いてみると、

スケート界のプリンス『高橋 大輔』さんのことだった。


もうずっと高橋さんの担当をしてるらしい・・・


一瞬本気で、きょうも予約入れようかと思ったのですが
もう一人の私が冷静に止めてくれたのでした・・・






君のその背中が愛おしい・・・


犬は飼い主に似るという話しをよく聞きますが、
この寝てる姿は、私にそっくりで笑えます。

今の時期は、どうしてもこの写真のような図になってしまいがちで・・・

動かない汗もかかない体内の毒素が蓄積代謝が下がる顔に吹きでものできやすい


毎日お風呂で半身浴をしてるけど、私の場合は顔に吹き出物が出だすと

デトックスが足りてないサインなので、
こういう時は、てっとりばやく『岩盤浴サウナ』へ


垂水にある温泉施設『太平のゆ』にある、岩盤浴に行ってきたんですが
今まで行った施設の中でも一番良かったです!

『陰陽洞』という3つの岩盤浴があり、

それぞれの部屋を何回でも、時間も気にせず入ることができるんです。

今まで行っていた大阪市内の岩盤浴は、50分で1500円とかしてましたが
ここは600円で、バスタオルもウエアもついています。

 

快適さと家庭隆起を導く「朱雀」をモチーフにした温熱室。床にヒマラヤ岩塩を敷き詰めた少し高温の空間です。
ヒマラヤ岩塩

ネパール、インド、中国、パキスタンの四ヵ国にまたがり、そびえ立つヒマラヤ山脈。四ヵ国の中央に位置するネパールの海抜5000メートル付近から採取した、約四億年前の天然岩塩です。古来より塩には環境浄化作用があるとされてきました。マイナスイオンの発生や、独特の優しいピンク色がヒーリング効果を高めます。また、各種ミネラルを直接肌から吸収することによって、アトピーや皮膚炎にも良いといわれています。

成功と富を導くといわれる「青龍」をモチーフにした温熱室。壁に備長炭、床に木紋石を埋め込んだ癒しの空間です。
備長炭

備長炭は無数の穴があり、穴の表面積は1gあたり300屬發△蠅泙后その穴には微生物が膜を作り、不純物を分解します。水だけでなく、空気をも浄化します。また、遠赤外線放射により、温熱効果も高まります。

木紋石

木目のような美しい模様のある珍しい天然石で、眺めているだけでも癒されます。
人体に有益な微量元素やミネラルが豊富に含まれており、多孔質で吸着能力に優れている。二酸化チタンの光触媒効果により、脱臭、殺菌、抗菌、防汚、有害物質の除去ができます


陰陽洞 白虎薬

子宝と安産を導くとされる「白虎」をモチーフに、壁に漢方薬草を吊り下げ、床にトルマリン鉱石を埋め込んだ寛ぎの空間です。
漢方薬草

漢方薬草には、七種の和漢植物−サンシチ(田七人参)・カワラヨモギ・ジオウ・トウキ・シコン・オウバク・ ヨクイニン−の有効成分が配合されております。
(内容が変る場合がございます)
蒸気を吸収することにより呼吸器系、循環器系、消化器系の機能を高めるとともに、皮膚組織に浸透し皮膚の新陳代謝を促進します。

トルマリン(電気石)

この石は地球上の数ある鉱石のなかではただひとつ、自ら電気を帯びる鉱石として“電気石”と呼ばれ、圧力や熱を加えることによって永久的に微弱な電流を発生し続けます。その微弱電流がツボや皮膚表面を適度に刺激し、血行促進、肩こり、腰痛に良いといわれています


漢方薬草には、七種の和漢植物−サンシチ(田七人参)・カワラヨモギ・ジオウ・トウキ・シコン・オウバク・ヨクイニン−の有効成分が配合されております。(内容が変る場合がございます)
蒸気を吸収することにより呼吸器系、循環器系、消化器系の機能を高めるとともに、皮膚組織に浸透し皮膚の新陳代謝を促進します。

効能・効果

神経痛・腰痛・肩こり・うち身・くじき・痔疹・冷え性・しもやけ・あせも・疲労回復 など


 

この中で一番お気に入りは、「ヒマラヤ岩塩」と『備長炭」。

こんなに汗が出るのかというほど汗を気持ちよくかけました。

約一時間ほどいる間に飲んだ水の量は、1・5リットル。

昨年もこの2月〜3月の間に、サウナや岩盤浴でたくさん汗をかいてデトックスしたんですね。

すると、毎年季節の変わり目に引いていた風邪も引かず、
その後も風邪とは無縁になっております。


気になるかたは、こちらへどうぞ
太平のゆ
http://www.sentou.co.jp/

垂水駅から送迎もしてくれますよ〜

11日の前日の夜に届いた、ソウルファミリーからのメールには


奈良県で、クリスタルボウルの奏者『璃音』さんからのお誘いで
「三輪山で集まるんだけど、来ない?」という、


内容もいたってシンプルで詳細不明。


この日の午後、

璃音さんの演奏を聞きたくて、you tubeで聞いていたのです


この嬉しいシンクロに、「yes!!」と即答。


奈良の桜井駅近くの素敵なカフェ『MAGIC×MALLET』で待ち合わせ。





店内は、素敵な雑貨もあって
木のぬくもりが感じられる、心和む空間。




おいしいランチは、どれも体に優しい味付けと野菜がたっぷりでした。



『音』が繋いでくれた縁ですが、
驚いたことに3人とも、寅年生まれの同い年。


時間が経つのも忘れるほど、話しに花が咲くわけです。


日もだいぶん傾いてきたので、三輪山へ。



今年の初詣に、友達と来て三輪山にも登ったんだけど、

この2011,11,11という、ゲートが開くというこの日に

この場所にいることが、何だかとてもありがたいことのように思えた。


お参りして、おみくじを引くと番号も『1』番で大吉だった。

神様のメッセージは、

「吉運を長持ちする秘訣は、出来るだけ心を静め何事にも争はぬことが肝心

 決して勇み足ではやるまいぞ。」


このメッセージを頂いて無かったら、今どうなってることか・・・


まぁ…結婚生活10年も経つと、色んなことがあります。(深くは書けませんけどね…)


お陰様で、心を静かに静かに保つ修行ができたと思えれば…(思い込もうとしてるよね…


ありがたきメッセージを胸にしまい、

大神神社から、歩いてほど近い『サロン 美癒』さんへと向かった。

美癒さんは、『オーラソーマ&レイキ』をされている。



ご自宅兼サロンなんだけど、その昔は神主さんが集まる場所だったという

由緒ある素晴らしいお宅でした。


オーラソーマを2年ぶりに受けてみると、
選ぶボトルが自分でも意外な色でビックリ。


色の神秘と、深層心理がリンクすることにあらためて感動。


そして、



璃音さんのクリスタルボウル&マントラの演奏を、
とても素敵な空間で、ゆったり横になり聞かせて頂きました。


この日、この瞬間に奏でられた音。


言葉になんて出来ないほど、ハイバイブレーションで胸が一杯でした。

この日この場所へと導いてくれたソウルファミリーに

璃音さん、この日『美癒』さんで出会えた人たち全てに感謝。


『Angelic  Blessing』な一日。


昨年の10月頃だったかな?


京都で行われた、『ミネラルショー』で出会えた


魅惑的なオパールのリング



オパールが大好きになったきっかけとなった、

ハンドメイドジュエリー『OHFOREST』さんの世界にひとつだけの作品。


たまにイベントで出展されているのですが、


今回は、阪急百貨店のイベントに出展されるという
お葉書を頂いたので、遊びに行ってきました



11階『クリエーターズ・アクセサリーフェア』の催場で
6月24日〜30日まで開催されています。


アクセサリーだけではなく、

鞄や帽子などのアトリエもあり

どの作品もとても個性的で見ているだけでも楽しいものでした。


博多のクリエータの方もいて、

一つ一つの作品への愛情を聞いてるだけで熱い思いが伝わり

どれもこれも欲しくなってしまうくらい




『OHFOREST』にご挨拶に行くと、

デザイナーの「ユージ大森」さんが新作の素敵なペンダントを
たくさん紹介して頂きました。


どの角度から見ても、立体的な「フクロウ」や「かまきり」、「とり」、「蝶」、「蜂」、「うさぎ」、「とんぼ」

おうちに現れるという「ヤモリ」のペンダントも可愛い。


天王寺にあった工房を、

木々の自然溢れる京都に移転したそうで、

そこで出会う『森の住人』たちが、作品づくりにインスパイアされるそうです。


大森さんのハンドメイドの作品は、

編み込んだ銀の部分が年数が経てばたつほど、


アンテイークのような陰影が出てきて、
より個性が引き立つように、作られています。


買ったときの写真と、今のリングを比べてみてよくわかりました。
ほんとうに、今のほうがアンテイークっぽくて素敵なんですよ。


これから何年もかけて、変化して行く様子が楽しみです。

興味のある方は、梅田阪急11階でご覧になってみて下さいね。



かわいいチャームをプレゼントして頂きました。

こうして見ると、デザイナーの大森さんに似てるなっ


今日の15時31分は新月ですが、毎月お世話になっておりました
ジーニーさんの新月の配信が終了になりました。


残念ですが、今まですごく楽しく新月のお願いごとを書くきっかけをくれた
ジーニーさんにはとても感謝しております。

〜ジーニーさんからのメッセージです〜
この判断は、わがままと思われたとしても仕方ないかもしれませんね。
でも、これまでずっとそうしてきたように
「本当に心の底から感じること」を自分の行動の軸にしていくことを
みなさんにおすすめしている以上、自分自身がそれからはずれることはできないのです。


☆          ☆         ☆         ☆         


日向大神宮の外宮の横にある、

天岩戸へ続くという案内標識のままにさらに登って行くとこんな祠が



なんだか、ちょっとしたアドベンチャー気分になってくる。
中は真っ暗だし、まわりに人もいない・・・
外宮から、引き返して帰って行く人ばかりで誰もこの天岩戸へ行く人は居なかった。

ふっと横の柱を見ると、


 
くぐるだけで、開運厄除けなんて
『面白いや〜んっ』と、テンションも上がったので

おそるおそる中へ・・・・


やっぱり中は、真っ暗闇…天照御神もこんな闇に居たんだろうか・・・とか
考えてる間に90度の曲がり角を曲がるとすぐに出口だった。

「けっこう短い距離なんだな・・・」

と、つぶやきながらもと来た道を引き返した。

境内を散策してると、とても奇麗な庭園のようにお花もたくさん咲き誇っていて

見どころがたくさんある。

小さい小屋のようなものがあるので覗いてみると、こんなお馬さんもいたり・・・

「神馬」  寛文八年 徳川家寄進 

いくつかある小さな社にお参りをし、そろそろ帰ろうかなとしたとき
山へと続く小さな道が目に入った。

どこかへ続いてるのか…案内標識もないので何もないのかな?

でも、なぜかとても気になったので

『ナビゲータークリスタル』を握りしめ

雨上がりでぬかるんだ山道を、ウエスタンブーツという心もとない足もとの中登った。





緑の山間の美味しい空気を楽しんでると、
何の跡なのかわからない囲いを発見!


                                               
さらに、上にいくと祠のような場所に大きな石碑が幾つか10メートル四方に現れた。
その中で気になったものに、お参りをさせて頂き写真も撮らせてもらった。



         『天龍龍神』



        『神光大神』
かなり昔に建てられたものだと思いますが、(詳細は全くわからず・・・)

この石碑に刻まれた神様の名前にとても惹きつけられ、
しばらくの時間、この場所に居させてもらいました。


この場所にこのタイミングで、来れたことにも手を合わせて山を降り
友人のギャラリーへと向かった。
                      
てくてく歩くこと15分ほどで到着。

素敵な帽子と、アンテイーク雑貨たちの店内には
たくさんの人で溢れていた。



輪投げコーナーもあったりして、子供も大人も楽しい時間が流れていた。







たくさんの素敵な帽子の中から、2つピッタリなものをゲット。



パリジェンヌのような、友達のかっこ良さに思わずパチリ☆



お互いに似合う帽子を、楽しそうに選んでるカップルに

思わずカメラのシャッターを押していた。

こういう日常のありふれた、一こまが大好きだな・・・

そんな一瞬を、ひとときの時間を楽しく過ごせた全てに感謝。



いつも遠出するときに、
ポケットにしのばせているヒマラヤクリスタル

クリスタルの中には、

とても不思議な白い杖のようなものがインクルージョンしている。

その白い杖は、マイカなのか正体は不明らしい・・・が、

いつも、ナビゲーターとして持っていくと知らない場所でも
必要な場所へと導いてくれる。



ピンクカルサイトのレクチャーの最終章となって、

『太陽の神様』に会いに行ったあの日の夜。

何故だか一週間ほど前に、たまたまテレビで耳にした京都にある

『日向大神宮』という所が気になったので調べてみた。


すると、驚いたことに御祭神が、天照大御神だった。


太陽の神様繋がりだったこともあり、
この流れで、3日以内に会いに行こう!!と思ってると、



帽子作家の友達が、

日向大神宮から、ほど近い場所にあるギャラリーで、
一日だけ、帽子の展示販売アンティーク雑貨の販売をやるとのこと。

しかも、その日がちょうど3日後


こんな楽しいシンクロが起こるのなら、
あのカルサイトの厳しいレッスンもなんてことないのである。

3日後に向かった、京都




    参道入り口の鳥居


日向大神宮は「京の伊勢」といわれ、
古くから信仰を集めて来た神社で、平安時代初期の清和天皇の代に創建されました。




かなりの坂道を上がって行くと、2つ目の鳥居があります。

観光案内にも載らないらしく、訪れる人もかなり少ないようで
この日もわずか、数人しかいませんでした。



鳥居をくぐると、驚くことに伊勢神宮のように
内宮・外宮があり、猿田彦神社の社殿までが敷地内にあります。
ほんとうに、「京のお伊勢さん」ですね。



こちらが、内宮
さらに階段の奥に進むと外宮があります。



さらに、ここから奥には何と、天岩戸へと続きます。

                                   (つづく・・・)

以前にブログでもご紹介した、

布製クリスマスカードの販売を通して、
ヨーロッパ最貧国とされるモルドバの子供達の支援を続けている、

友達の帽子作家、こん ふみこさん。



今年はより多くの人に協力してもらおうと、

12月15日〜19日に、「市国際交流会館」で

『サンタ cloth  カード展』が行われました。


 国際交流会館の玄関にある、巨大な石に釘付けになりました・・・(キモカワイイ!!)


今年は、この活動が奇跡の広がりを見せてくれました。
『京都新聞』に始まり、『産経新聞』、そして『NHKのテレビ取材』まで

メデイアの力は大きく、
テレビを見て、駆けつけてくれたご夫婦もいらっしゃるそうな・・・


        『こん  ふみこさん』


 
会場に入ると、モルバドの写真がたくさん飾られていました。

豊かな自然の美しい写真からは、
ヨーロッパ最貧国ということは、想像もつかない現実でした。



参加希望者に材料キットを販売し、会場で展示・販売されました。


その中で、ふっと目に止まったこのメッセージ。



『大きなことは、出来なくても
       何か自分に出来ること・・・』

こんな思いが、

ひとりひとりの心に芽生えて

行動し、実現していくことが出来たら

世界は愛と光の溢れた場所にどんどん生まれ変わっていくんだろうな・・・




enonも、裁縫は得意ではないのですが
気づけば時間も忘れ、没頭しておりました。



たった一人の心に芽生えた『届けたい』という

純粋な思いがこうして大きく広がり

愛の輪になっていく・・・

『思いの力』という強さは、必ず届くんだということを教えてくれました。





 とても空が高く晴れ渡った気持ちの良い日の朝


神戸の「ホテルセトレ舞子」で行われた、

花音さんのクリスタルボウルのコンサートへと行ってきました。



海と大きく果てしなく広がる空に、寒さも忘れるくらい
ずーっとはしゃいでおりました。



美術館のような外観のホテルで、エントランスを入ると・・・



海と一つに、染まってしまいそうな心地よさと
太陽の日差しの暖かさで、お昼寝したくなりすでに夢うつつ状態。


enonは、『クリスタルボウル』のコンサートは
初めてなので、とてもワクワクしながら会場へと向かいました。




こちらの会場で、午前・午後・夕方の三回に分けて定員10名で
一時間のクリスタルボウルのコンサートが行われました。

たくさんの色とりどりの『アルケミークリスタルボウル』に
もう嬉しさ一杯で、奏者の『花音』さんに

色々と自分の『音』のお仕事のことなどお話ししてると、


実は・・・

この午後の部だけ、

『enonさんお一人なんですよ、
その理由がなんとなく、わかってきました。』というお二人のお話しにビックリでした

他のお客様が居たら、
出来なかっただろう貴重なお話しをさせて頂く機会に恵まれました。



海を見ながら、クリスタルボウルの演奏が貸切状態。


「誰もいないですし、ソファで寝ながら聞いてもらっても良いですよ。」
というお言葉に


ありがたく・・・


寝ころっがりながら、聞くという贅沢に包まれながら演奏スタートです。



音と音が重なり、その波紋に包まれて行く中・・・


ここの場所も空間も、お二人の姿も全てが遠くへ遠くへと
消えてしまうような感覚になり、

もしかしたら、居なくなったんじゃないんだろうか。。。と
(無理やり目を開けてお二人の姿を確認しましたよ・・・)

不安になってしまうほど、『音』の世界へと引き込まれるのでした。

身体は、横たえていましたが

完全に意識体は、音の中へと一緒に旅立っていました。


お二人が奏でる音は、

空と海とクリスタルボウルが一つとなる素敵なコンサートでした

ほんとうに素敵な時間を、過ごすことが出来ました、
ありがとうございました。


神戸市・長田のセラピールームでも
クリスタルボウルのコンサートをして頂けるそうですよ!

enonも、また行かせて頂きたいと思っております。

花音さんのホームページはこちらです。

http://crystal-kanon.com/

 木枯らし1号が吹き荒れた翌日、急に思い立ち、奈良へとおでかけ。


12月までに仕上げないといけない事を放りだし、
奈良へと現実逃避行が本当の理由・・・


この日は、お散歩がメインなので

行く場所も決めてなければ、

時間も何もかも自由な設定で、奈良町散歩。


とりあえず、向かったのは
とても行ってみたかった、タイ料理のお店『RAHOTU』

ここのお店で食べてみたかった『トムヤンクンにゅうめん』

にゅうめんに最近、なぜかはまっているのです。
(梅干しやシソの葉を入れて、よく頂いております。)

大好きなトムヤンクンと融合するなんて、
『素敵や〜ん』ということで、行ってみることに。


店内のカウンター席に座ると、妙に和む神様と向かいあう。



しばし、見つめ合う。。。


その横には、妙にリアルな鹿さんが・・・
(いまにも動きだしそうです。)



色々なものに囲まれて、
一人でも、何だか楽しい食事タイム。




『トムヤンクンにゅうめん!』

うん、うん、やっぱりこうなるよねという
想像したとうりの味でした。
好きなもの同士も組み合わせが、美味しくないわけありませんっ


お腹も満たされて、ブラブラお散歩へ。



リアル鹿に、はしゃいでしまう。



ここの猿沢池、すごーく和む・・・



カメも気持ち良さそうに甲ら干しております。


猿沢池には七不思議があるそうな・・・

むかしむかしから、猿沢池には不思議ないい伝えがあります。

「澄まず 濁らず 出ず入らず 蛙はわかず 藻は生えず 魚が七分に 水三分」

うーん、濁ってるように見えるんだけどぅ・・・
(そこんとこ、どうなんだろうねぇ・・)

と、そんなことを思いながら歩いて行くと



気づけば、春日大社へと続いているので
そのまま流れるように参道へ。

とにかく広大な敷地の中、

空気も美味しくて

奈良のゆる〜い空気感が、歩くのを楽しくさせてくれる。



とてもとても大好きな木に出会えて、座り込んで写真を撮ってると。。。

何だか、臭うので??なんだろうと、地面に目をやると

鹿さんの○○チが、一面にあり硬直。


少し離れた場所にも、すごいエネルギースポットに
すごい生え方をしている木に遭遇。



ちゃんと囲われてて、守られてる場所になってるんですね。

このすぐ近くのベンチで、しばらく目をつぶって瞑想。

ここの場所は、内なる宇宙に繋がりやすいような感じでした。

春日大社にもお参りし、
大事なメッセージを胸に帰路につく。



秋の夕暮れに、『扉のありか』を見つけたのでした。

木枯らしが吹き荒れて、急に寒くなりましたね〜。


我が家のシュウくんは、自分のハウスに閉じこもったまま
出で来なくなりました。

これは、散歩拒否の合図なようで・・・寒いのが大の苦手です。
いくら誘っても、出てこようとしません。(本当に犬でしょうか・・・?


今月の初めに京都で行われた、
『ミネラルショー』に初参戦しのですが

大阪のミネラルショーよりも、遥かに広くてたくさんの『石』のほか
宝飾のルースやアクセサリーなどの出店も数多くありました。

その数ある中で、とっても素敵な『オパール』に出会えたのです。

そのお店は、デイスプレイも森のイメージで作られていて
たくさんの手作りの動物のペンダントや指輪は、

とても繊細で温かな作品で溢れていました。



       Seed of Love 

友達と、『違う世界に迷い込んだみたいになるね』と
この店の作品を、あれやこれや試していると、

デザイナーのユージ大森さんが、
自身のブランド『OHFOREST』の世界観を色々教えて下さいました。

 Seed of Love の愛の種から全てが始まり
それがたくさんの作品の世界を作り出して行ってるという。

                  Bird of Love



一つの『石』のイメージがからインスピレーションが湧いてきて
それが森の動物の作品になり、かたちとなって生まれて行くそうです。


一番最初に、魅了されたのが『オパール』の指輪だったのですが

サイズが大きくて、調整もむずかしいとのことで
一度は諦めるものの・・

やっぱり、諦めきれず・・・

ユージ大森さんに、サイズ直しを半ば強引?!にお願いしたら
心よく引き受けて下さいました。



とても可愛いパッケージと共に送られてきました。


ブルーから紫、グリーンへと様々な遊色が魅惑的です。



リングの部分も、とても繊細な作りで美しいです。


期間限定で、百貨店でも展示販売もされてるそうなので
また、その時は行きたいと思います。
一部の作品は、webshopからでも購入できるみたいですよ。


『OHFOREST』さんの、ホームページはこちらです。
http://ohforest.com/


PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM