一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.06.17 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

さぁ、お参りさせて頂こうと境内へ。おんぷ

そこで、ここの歴史など書かれているものを
いちおう読んでおくべしだな…と思い

拝殿の横に書かれているものを、
一通り読んだものの、

この神宮の歴史の深さには驚くを遥か上回り、
ちょっとした書き間違いではないのか?と思ったのだ。。

何と、遡ること『一万五千年』の歴史と書かれてある。

帰ってから色々調べてみたら、
この場所は、

一万五千年の歴史を持つ世界で最も古い神社でありながら、
その存在は日本人でさえ知らされておらず、

隠れ宮として代々の宮司によってひっそりと守られてきました。

「隠れ宮」であるこの神宮はガイドブックに載ることもなく、

一般にはあまり知られていません。

しかしその歴史は古く、15000年も昔からあり、
神武天皇の孫である健磐龍命(たけいわたつのみこと)が、
この地で幣を立て宇宙から降臨された神々を祀ったことが始まり、と伝わっています。
そして人々はここから世界に散らばった、という伝説まで。

その証として毎年8月23日に「五色神祭」が行われています。  (トラベル・JP)




とてもシンプルな拝殿ですが、

主祭神は神漏岐命・神漏美命(かむろぎのみこと・かむろみのみこと)。


その他のご祭神として…
天御中主大神(あめのみなかぬしのおおかみ)
大宇宙大和神(おおとのちおおかみ)
天照大神

大宇宙の神様をお祭りしているということに、壮大さを感じます。惑星



弊立神宮の「ヘイタテ」とは、
ホピ族(アメリカン・インデイアンの部族)の言葉で

「扉を開ける」という意味があるという。


そして神宮に奉斎されている、
「五色色面」という五種類のお面があり人種発祥の地だと言われていてる。




白→ヨーロッパ  青→スラブ人  赤→アメリカ・インデイアン&ユダヤ人
黒→インド&アフリカ  黄→日本・中国・朝鮮


五年に一度、世界中から五色人の代表がこの場所に集い
天地和合と世界平和を祈るという五色大祭には、

皇族の方、安倍首相の奥様や

サイキックヒーラーの、ジュデイス・カーペンター、
ホピ族の長老も参加している。

実は、こうした幣立神宮に伝わる悠久の歴史を裏づけるかのような出来事が起きている。

それは、五色人祭に参加された、
タスマニア大学の講師の傍ら、世界的なヒーラーとしても活躍されていたジュディス・カーペンター女史や、
ホピ族につながるホモーク族のラルフークレイグ・カーペンター女史の不思議な体験 である。

ジュディス・カーペンターの体験談は次のようなものであったという。

私は10歳の時でした。
色々なお面がたくさん出てくるビジョン(幻視的映像)を見たことがありました。

お面は赤・黒・黄・白・青と様々でした。そしてそのビジョンによると、
そのお面は世界各地から、あるところに集まってセレモニーをするだろう、というものだったのです。

そして、私は神の導きによって、
そのある所、すなわち【幣立神宮】と出会い、今回、この「五色人祭」に参加することになったのです。

今の私のビジョンでは、これらのすべての人種がこの神社に集まるとき、人類は初めて癒されることを感じています」

                     

この地が、人種発祥の地だとするなら                                

「たかまのはら・・・。」というあの言葉が、

真実なのか、、、という思いが湧き上がるのでした・・・。







 

  • 2016.06.17 Friday
  • -
  • 01:28
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://enon-44.jugem.jp/trackback/505

PR

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM