一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.06.17 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク



ネパールから届けられた、ヒマラヤ水晶たち。

大地震のニュースを見た時、
この水晶たちを届けてくれたネパールに住む日本人女性のことが頭に浮かんだ。


2年ほど前に、ネパールの人と結婚したのだ。

胸が痛むような被害の様子を見ながら、
無事でありますようにとヒマラヤ水晶たちに祈ることしか出来ないままだったけど、

幸いご家族みんな、怪我などもなくご無事だということで胸をなで下ろした。


今日、スーパーやコンビニに立ち寄ると、

ネパール大地震の募金箱が置いてあり、僅かばかり入れたものの

中を覗くとお札も何枚か入っていて、

被害のことを思う気持ちに国も距離もないんだなと改めて思いながら帰ってきたのでした。


この地球で起きていること、
これから起こるであろうことを思いながら、

地球の音に耳を傾ける。

地球は、一つの生命体なんだということを改めて感じる。





1979年、生物物理学者ジェームズ・ラブロックは、


著書「地球生命圏―ガイアの科学」において、
地球は、ひとつの有機生命体(ガイア)であると提唱しました。

「ガイア」とは、ギリシャ語で「大地の女神」を意味します。

地球とは、単なる岩石の球ではなく、水分と大気を持ち、
そこに生息する生命種と共に、温度・環境を調節する生命システムです。


ラブロック博士のこの説は、
当初「ガイア仮説」と呼ばれていましたが、

地球は、地表に生息する数多くの生命体がその生命を維持するための
最適の環境を守り続ける「恒常性」を持っている、
という証明がいくつもなされるようになり、
現在は「ガイア理論」と呼ばれるようになりました。


私たち地球に暮らす生命体は、
その生命を、ガイアの絶妙なバランスの上で成り立たせています。

ほんの数パーセントでも違えば、生命を維持することはできません。


人体が驚異的メカニズムで生命を維持しているのと同様に、
地球も絶妙のバランスでもってそこに棲む生物の生命を守ってくれています。

私たちの身体の中には、無数の微生物や細菌が暮らし、
その微生物、細菌と共生することで生命を保っています。

私たち人間をはじめとした動植物、生命種は、
地球という生命体に宿り、共生している微生物のようなものかもしれません。


地球がこれまで通り、
多くの動植物が住めるような環境を維持していくためには、

急速な勢いで進んでいる環境汚染や森林伐採などを食い止めるとともに、
たくさんの生物種(動物や植物の種類)による複雑な生態系を守る必要があります。

生物種の多様性が増せば増すほど、環境変化に対する対応力が増し、
地球環境の調整機能は向上していきます。

ラブロック博士によると、現在の地球は人体にたとえると、
インフルエンザで発熱した状態にあるとのことです。

ガイアの発熱を抑え、真の健康を取り戻し、
人類とガイアの理想の共生関係を取り戻すことが急務なのです。




 

  • 2016.06.17 Friday
  • -
  • 17:07
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://enon-44.jugem.jp/trackback/488

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM