一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.06.17 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク




このキャンドルって、

きっと「火の女神」が作ったんだろうな・・・。と感じてしまうような

そんな美しいキャンドルに出会った。

それは、屋久島のホテルのギフトショップで販売されているもので、

ケースに並べられたキャンドルは、
色とりどり、それぞれのかたちによって放つエネルギーを持っていた。

どれも素敵で決めかねていると、

販売員の方が、
「この近くにキャンドルの工房があるので行ってみてはどうですか?」
というので訪ねてみた。

キャンドルの工房は、「恋泊」という。

工房へと続く道には、

とても広い庭があって、様々な植物やお花が咲き誇りそこは妖精の住まう世界のような場所。

工房&ショップに入るとまた違う世界が広がっていた。






お店で、キャンドル作家の女性にお会いすることが出来た。

柔らかい印象で、微笑むとその場所が
どんな闇をも優しく温かく照らしだしてくれるだろうな、、とお話して感じる。

やはり、火の女神のような女性。



店内のキャンドルは、すべて一人で制作されていて

お庭で摘み取ったシダや植物を、キャンドルにデコレーションしている。



カービングされたキャンドルは、
光が透けてその美しさとともに、闇を照らし出す。



お部屋のインテリアで飾っているだけでも素敵。kira



そう、ひとつ不思議なことがあった。

先月の満月の夜、このキャンドルに初めて火を灯した。

クリスタボウルを奏でながら、意識は鹿児島で出会った「観音様」へと向かっていた。

あの時、あの瞬間に感じたこと、
とても大切なことを沢山学んだような気がしていたから、、、。

「ありがとうございました」と心の中で唱え終えて、

キャンドルを見ると、灯した火が長〜く伸びていた。




後日、このことを調べてみると、
キャンドルの火が長く伸びるときというのは、

ご先祖だったり、心の中で思った方からの

「届きましたよ。」のお返事のようなものだということだった。


美しき光は、火の精霊となりその思いを優しく届けてくれたのでした・・・。月






 

  • 2016.06.17 Friday
  • -
  • 17:55
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
すっごく素敵なキャンドル達ですね♪

みているだけでテンションが上がります☆

長く伸びた火はそういう意味だったんだ〜!!
  • ayako
  • 2014/12/07 08:21
キャンドルを灯すと、
今いる世界が柔らかくなる感じが好き^^。

向こうの世界の人に問いかけたい思いがあるときは、
キャンドルを灯した方が届きやすいんだろね。
  • enon
  • 2014/12/08 20:57





   
この記事のトラックバックURL : http://enon-44.jugem.jp/trackback/468

PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM